診てもらえる病気 | 多くの女性が悩んでいる尿漏れの改善法|尿漏れの心配がなくなる

多くの女性が悩んでいる尿漏れの改善法|尿漏れの心配がなくなる

婦人

診てもらえる病気

カウンセリング

新宿の泌尿器科は、男性だけではなく、女性も利用することができます。女性に多い病気として、急性膀胱炎や腹圧性尿失禁、神経性頻尿などがあります。他にも、尿道カルンクラ、膀胱炎などの病気も診てくれます。対して、前立腺肥大症や前立腺がん、前立腺炎などの男性だけの病気も新宿の泌尿器科では診てくれます。新宿の泌尿器科を利用する流れは、まず受付を行ない、問診票の記入をしたら検査をしていきます。問診票に、どういう症状があるのか、どういう病気になったことがあるのか、などを書いてきます。心身の状態を詳しく知るために重要になるものなので、なるべく詳しく書いたほうが良いです。その問診票を参考にしながら、医師が診察を進めていきます。治療内容や費用などで、疑問に思うことがあったら聞いておきましょう。診療が終わったら、お会計を行ないます。会計が終わったら、調剤薬局で薬の受取を行ないます。新宿の泌尿器科の中には、料金が安いジェネリック医薬品を使用しているところもあります。

新宿の泌尿器科を利用する場合は、事前に費用をチェックしておいたほうが良いです。保険診療が適用される病気の場合は、自己負担は2割~3割なので、費用を抑えられます。クラミジアや淋病などの性病も、症状があれば保険適用されるので、相談してみると良いでしょう。診察料と薬代含めて、5,000円程度なので、それほど負担も大きくないです。HIV検査や咽頭クラミジアSDA法、B型肝炎HBs抗原などの検査は自由診療で、3,000円~5,000円程度かかります。