多くの女性が悩んでいる尿漏れの改善法|尿漏れの心配がなくなる

カウンセリング

診てもらえる病気

カウンセリング

新宿に泌尿器科は、男性も女性も利用することが可能です。初めて利用する方でも、流れを把握しておけば、スムーズに利用できます。性病も症状があれば、保険適用になるので、費用負担は少ないです。

泌尿器科で治療

看護師

尿漏れは、高齢者だけではなく、若い人でもなることもあります。女性は、妊娠や出産などで骨盤底筋が緩みやすいため、尿漏れになりやすいのです。泌尿器科に行けば、詳しく検査をして、治療をしてくれます。

骨盤底筋を鍛える

医者

尿失禁が起こる原因の1つが、骨盤底筋の低下です。骨盤底筋の鍛え方は、泌尿器科で教えてもらうことができます。骨盤底筋を鍛える体操で、尿失禁が改善できるケースもあります。

検査や治療法

尿漏れは、なるべく早めに改善したほうが良いです。早めに治療を始めれば、骨盤底筋を鍛えるだけで改善できることもあります。尿漏れにはさまざまな種類があるので、泌尿器科で検査をして、調べてみると良いでしょう。泌尿器科では、ストレステストや24時間パッドテスト、チェーンCGなどの方法で検査をしていきます。ストレステストとは、膀胱に尿が溜まった状態で、咳をしたときに尿が漏れるかどうか調べるという検査です。24時間パッドテストとは、1日に漏れた尿の量を測り、検査するというものです。尿漏れの検査は色々ありますが、24時間パッドテストは、世界標準となっています。チェーンCGとは、膀胱と尿道の角度を確認するための検査です。尿道に細い管を入れてレントゲン写真を撮影するのが主流でしたが、今では超音波検査で角度を確認することもできます。

泌尿器科で尿漏れの治療をする場合、薬を使用するのが一般的です。尿道を収縮させる薬を使うことで、腹圧性尿失禁の症状を軽減できるのです。症状を軽減できるのですが、根本的な解決には繋がりません。そのため骨盤底筋体操をして、骨盤底筋を鍛えるのです。尿漏れの程度が重い場合は、手術を行ないます。手術は、バーチ法やステイミー法などさまざまな方法があります。バーチ法とは、下腹部を15センチ程度切開して、膣壁を靭帯に縫い付け、尿道を持ち上げるというものです。大掛かりな手術ではないのですが、手術の痕が大きく残ってしまいます。ステイミー法とは、特別な針を使って、尿道の脇にナイロンの糸を回して、膀胱を釣り上げるというものです。成功率が90%近くと非常に高いのですが、術後5年経過すると、40%の確率で再発してしまいます。このような手術の他にも、尿道下スリング法などもあるので、医師に相談して決めると良いでしょう。